ネットでオナ電募集することで、自分の願いを実現できると考えました。
ネットは匿名性があります。
そのため、現実の世界で言葉に出せないことを言いやすいのです。
これは女の子にとってメリットだと言えます。
普段は下ネタを嫌うけど、女の子も性欲があるんですから。
我慢出来ない気分の肉食女子と出会えたら、そのままエッチな通話へ突入できるかもしれません。
激しく興奮して見せ合いとかできるかもしれません。
出会いを見つけたいと、強い気持ちを持ちました。

 

 SNSの利用、これは悪くないと思ったのです。
Twitterにはオナ電をしている裏垢女子がいるからです。
エロ写メやエロムービーを見せてしまう女の子たちです。
肉食なのだから不満を積極的に解消したいと考えてしまっているはずです。
裏垢女子との繋がりなら、確実になんとかなると判断しました。
完全無料で高い匿名性、だからこそより出会いが楽勝であると思いました。

 

 Twitterでオナ電と検索をしてみると、あっという間に女の子がヒットしてきます。
凄いと感じたのがハッシュタグを付けている子が多いこと。
そしてアイコンを見て可愛い子も多いことに気が付きます。
気になる女の子にDMを送りました。

 

 オナ友希望者からの連絡が到着します。
エロ電話したくてムズムズしていた女の子です。
その子には条件がありました。
Twitterでオナ電する相手を探していた裏垢女子の条件はアマギフでした。
初回だけアマギフ2万円を支払って欲しいというものです。
面識のない男といきなり繋がるのが怖かったようです。
この支払いで安心感を買い、快楽を与えて欲しいと言われました。
考えることなんかありませんでした。
アマギフを購入しました。
それを写メにしました。
そして、やりとりした女の子に送信していきました。
これでオナニーの見せ合いを即座に実現できると考えまくってしまっていました。