オナ電募集はTwitterで大成功だと感じていました。
オナ友希望の裏垢女子とやりとりに成功です。
アマギフ先払いにより、継続関係を作ってくれると言われました。
勇んでギフト券を購入、相手に送信していったのです。
すかさずエロ通話開始だと考えていました。
ですが、一向に連絡が到着せず。
こちらから連絡を入れようと思ったらブロックされてしまっていたのです。
迂闊だった・・・。
即座に、そんな考えが頭に浮かびました。

 

 さらにオナ電募集をTwitterでしている裏垢女子に声をかけたのですが、アマギフ先払いを求める女の子たちばかりでした。
オナ電募集の界隈は完全に詐欺の世界だと判断しました。

 

 ここは一つ、昔ながらの方法でと考えます。
それはオナ電掲示板の利用です。
オナ電掲示板も、エッチ通話希望者が溢れかえっている場所でした。
オナ電掲示板では女の子まで積極的投稿をしているのですから。
オナ電掲示板にはオナニーの見せ合いを希望する女の子で溢れほどでしたので、メールを送らないわけにはいかない気分でした。
今度こそオナニーの見せ合いが実現できると思えていきました。

 

 オナ電掲示板に投稿すると連絡も早く、女の子もその気なので助かったと思いました。
数回やりとりするとURLが送られてきて、そちらにいるから誘って欲しいとお願いされます。
踏んで見たところ、アダルト色のある出会い系に登録されました。
すると驚いたことに、メールが到着したのです。
それはセフレ希望の別の子でした。

 

 ポイントを使う出会い系でしたが、相手がエッチしたい気分だったのでやりとり開始です。
相当不満だったようで、直ぐにオフパコになると考えました。
しかし、やりとりはかなり続くことになりました。
その気のメールが沢山到着するのですが、個人的な連絡先交換も応じてもらえませんでした。
かなりの頻度でメールが送られてきて、相手を口説くため直ぐに返事を出します。
そしてこの展開が、ノラリクラリと続き、いつの間にか課金が3万円ほどに膨らんでいました。
この瞬間、絶望的な気分を味わいました。
いくらメールしても話が進まないのですから。
これ以上、課金しても無駄だと判断しました。